こんにちは

矢嶋ストーリーの矢嶋剛です。
マーケティング・ストーリーを
書いています。

なにそれ? ですよね。
その辺りを、信条credoと合わせて
ご案内いたします。

マーケティングとは

お客様と働く人の幸せを
目指すアクション

だと思っています。(my定義)

嘘・脅し・ステマは論外。
正直・誠実、最高です。

さて、どんな事をしましょうか?

そのきっかけとして
マーケティング・ストーリーを
書いています。

マーケティング・ストーリーとは

マーケティングの具体を
ストーリーに。

それが、わたしの描く
マーケティング・ストーリー。

ストーリーなら、現実を描けます。
わかりやすく、イメージ豊かに
伝えることができます。

その力を、借りているのです。

なぜ書ける?は skillに

みんなでマーケティング! 推し

ですから、マーケティングを
ストーリーにすれば…

テキストを超え、役職を越えて。

職場のみなさん、
「うちのマーケティングは!」
で熱くなれます。

たくさんの人たち、
「マーケティングって!」
で盛り上がれます。

そんなハッピーを
みんなでマーケティング!
呼んでいます。

そうなればいいな! と思って
推しています。

メディアは電子書籍

では、ストーリーを届けるには?
何を介して?(:メディアは?)

悩んだ末、
電子書籍を選びました。

そうすれば、
価格を低く抑えられます。
スマートフォン、OKです。

つまり、いつも身近に。

そんな電子書籍の一覧が、
このサイトの基点 home
なっています。

marketing 1coin series
(どの本も、税込500円)

それでいいと思っています。

ミッション(使命)にしていること

笑われるかもしれませんが、
マーケティング売茶翁が目標です。

売茶翁は江戸時代の人。
住職の地位を捨て、京都の路傍で
ストリート・カフェを始めました。
知りたい人に、学んだことを
そうやって伝えました。

彼の生き方に感動。微力ですが、
学ぶ機会のバリアフリーを
目指します。

ブログにも 学びの機会を

2つほど。

マーケティングの論点メモ に
300字で、議論のテーマを。
(MBA 的に⇒ MBAを超えて)

矢嶋ストーリーnews に
感動、驚き、ワハハなど。
(豊かさ⇒マーケティング)

少しずつ、書き足しています。

広く交流できる twitter が好き

構えず、軽く、ニックネームで。

ゆるく繋がっておいて
気が向いたら質問もできる。

それでいいと思うので、
「グッドモーニング東京~」と
呟いています。follow me !

わたし 矢嶋剛の経歴

1965年生まれ。慶応義塾大学文学部・
社会学研究科卒(修士)。青山学院大学
経営学研究科卒(後期博士課程満期退学)。
日経産業消費研究所で消費者行動、
流通問題研究協会で流通システムを研究。
2003年にブリッジQを起業。マーケティング・ベースに戦略共有のコンサルティング。
2016年、マーケティング・ストーリーの
執筆へ(矢嶋ストーリー、スタート!)。
著書『マーケティングは正直バナナ』
(矢嶋ストーリー)、『医薬品流通論』
(東京大学出版会、共著)、論文『企業と
消費者による文脈共有過程と需要創造』ほか。
國學院大學・経済学部講師。

どんな仕事を?は author に

大事にしていることは…

自分らしく!

そんな生き方サイト
I think でいこう をリリース。

きかっけは、
「レポートがうまく書けない」
という相談でした。

   
  

こんな矢嶋ストーリーです
よろしくお願いします