言われてみれば、確かにそう。
こんな気持ちで買っていた…

そんな風景を描いた夕刊コラム、
中日新聞に4年超。全50話。

スーパーって安くないよね。
個人店こそ、お買い得。

辻々に和菓子店がある京都って
うらやましい~(超デパ地下?)

そんな体験、つらつらと。

お客様目線=消費者行動分析

ですから、みなさんも
お客様目線で、自己分析を。

そのときの状況 × 気持ち。
良かった? 最悪だった?

無限∞に見える
消費者行動分析の変数群
(欲求、商品、価格、売場、
性別、態度、世帯年収、…)を
複雑な分析にかけるより
(著者は多変量解析してました)

その場の直観 intuition
(=推論なしのズバリ)
的確に描写するほうが
実践的で、役に立ちます。

「この状況 これ希望!」
的な記述。これでOK。

そんな分析を50回。

今回ご案内するコラムは
書き続けました。

それを今、再び。

理由は「いまだに」。
本音でいえば「ガッカリ」。

連載(2000年~04年)から16年。
状況は悪化の一途。

業界のやっていることと
お客様の「ほしい」が
どんどん離れていっています。

(怒)(怒)(怒)(怒)(怒)
(怒) な印象。

でも 間に合う と思うから
そんな掲載回を選んで復刻。

とくに読んでいただきたい回は

種類が多く、値段が全然違う。
たとえば包丁。
しっかり選びたいけど。




日本茶の茶葉、同時に三種。
茶筒も三つ要るわけで。
需要、広がります。


の2つ。

包丁の買い物環境は
どんどん悪くなっています。
包丁のない家庭の増加は、
包丁を真剣に売らない側に
原因があるのではないでしょうか。

日本茶を飲む楽しみは何処へ?
ペットボトルは便利だけど、
お茶のこと、分からない。
どんどん分からなくなる。
売る側がきちんと説明しない。
説明を届ける本気を感じない。

わたし的で恐縮ですが
お客様目線=消費者行動分析 の
結果は、今もそう訴えています。

2000年~04年を知る資料としても

ビジネスのヒントやチャンスを探す
マーケティング(お客様以外の
意味が、このコラムにはあるかも
しれません。

というのも、
連載の時期(2000~04年)は
日本で既存の大手小売業が
次々とダメになっていった転換期。

セゾングループの解体。
ダイエーの自主再建断念。

ECは萌芽したばかり。

amazon.com 開業(2000年)
iTunes Store 開業(2003年)

それでも既にお客様(著者を含む)
このコラムに描いた
アレコレを欲していたのです。

何かが欠落していたことは
明らかです。

いったい何故?

時代を知る資料として、
日本の消費研究の傍証として
お読みいたただくことも
できそうです。

     
矢嶋剛・著の電子書籍 marketing 1coin series(9)『売れる気配な新聞コラム』(矢嶋ストーリー発行)の表紙です。公式サイトトップページと同じ画像です。

そんなコラムのshop はこちら

amazon kindle 
Apple Books  

   
   

お客様の本音
忘れないでください