『売れる気配な新聞コラム』
の作品ページへ ようこそ
お越しくださいました。

矢嶋ストーリー作品、marketing 1coin series『売れる気配な新聞コラム』の表紙(カバー)です。文庫本スタイルの縦長の表紙です。輝くような白色が背景です。その中央に丸みを帯びたゴシック調の太い文字で本のタイトル『売れる気配な新聞コラム』の文字が置かれています。その下に楽しいイラスト。新聞を売る屋外のニューススタンドを描いたもの。フランスのパリにありそうな屋根付きのスタンドで微笑む店員はバーバパパBarbapapaではなく「のっぺり」です。スタンドにある雑誌や新聞らしきに書かれている数字1~49そして最終回の文字は、この本に載るコラムの連載回を表しています。こうしたイラストと装丁は著者作者の矢嶋剛がデザインしました。

『売れる気配な新聞コラム』は
お客様目線、消費者感覚で綴った
新聞コラムの復刻本です。

中日新聞の夕刊に2000年~04年の
4年間連載しました。

取り上げたテーマは、日頃から
感じていた疑問や不満です。

「なぜ、できないんだろう?」
「なぜ、気づかない?」

買う側からすると不思議ですが
売る側が放置している。
そんな問題を書きました。

あれから20年…(どこかで聞いた?)
当時書いた問題は解決されている
はずでした、が…。

なんと未だに!

でもそれは、裏を返せば
ビジネス・チャンス!

ということで、
お客様(=マーケティング)用に
今回、復刻させていただきました。

いったいどんなコラムなのか?

詳しいことは以下で!
〔よくいただく質問〕風に
ご案内させていただきます。

Q.ずばり、どんな話題が
  読めるのですか?

A.では目次をどうぞ。
  以下の話をお読みいただけます。

この画像には、矢嶋ストーリー作品、marketing 1coin series『売れる気配な新聞コラム』の目次ページが写っています。各話のタイトル「はじめに」「『スーパーは何でも安い』て本当?…」「…百均人気衰えず」「注目されたい。一目置かれたい。それを商品や体験で。」等の文字が縦書きで並んでいます。この本は文庫本スタイルです。縦長の文章が読みやすい文字間、行間で配置されています。版面のレイアウトは矢嶋剛がデザインしました。縦型固定レイアウトのEPUBで電子書籍にすれば、このレイアウトのままテキストの自動読み上げも可能です。
この画像には、矢嶋ストーリー作品、marketing 1coin series『売れる気配な新聞コラム』の目次ページの2枚目が写っています。各話のタイトル「『ここの品なら大丈夫』そう思わせてくれる■が必要」「新幹線、六時の始発。しかしホームの売店は…」「…無い季節があるから、旬を実感できるのに。」等の文字が縦書きで並んでいます。この本は文庫本スタイルです。縦長の文章が読みやすい文字間、行間で配置されています。版面のレイアウトは矢嶋剛がデザインしました。縦型固定レイアウトのEPUBで電子書籍にすれば、このレイアウトのままテキストの自動読み上げも可能です。
この画像には、矢嶋ストーリー作品、marketing 1coin series『売れる気配な新聞コラム』の目次ページの3枚目が写っています。各話のタイトル「和菓子店が辻々に。羨ましい。」「高齢になられたらグラス『小』で…」「…写真集のような旅館ガイド。いいけど、もっとコンパクトに。」等の文字が縦書きで並んでいます。この本は文庫本スタイルです。縦長の文章が読みやすい文字間、行間で配置されています。版面のレイアウトは矢嶋剛がデザインしました。縦型固定レイアウトのEPUBで電子書籍にすれば、このレイアウトのままテキストの自動読み上げも可能です。

  このように、
  いろいろな話題が登場します。

  身近で、よくわかる、
  言われてみればその通り。

  そんな具体がいっぱいです。

Q.なにかひとつ、紹介を。

A.わかりました。

  では42ページから始まる
  「ありそうで無い。腕時計の
   皮バンド。選べない。
   ファッションじゃない。」の
  話をしますね。

  このとき話題にしたのは、
  腕時計のバンドが選べない!
  という現実。

  情報源は、わたしの経験です。
  まぁ、このコラムのすべてが
  わたしの経験ですから、この話も
  その1つというわけです。

  話を戻して。

  このとき、わたしはノーステッチ
  (=縫い目のない)の皮のバンドを
  探していました。色は黒。

  当時使っていたバンドが痛んで
  きたので「交換しよう」。

  それがきっかけでした。

  腕時計を売っている店はたくさん
  あるから簡単に見つかるだろう。

  最初はそう思っていました。
  しかし…

  見つからないのです。
  なんということでしょう。
  腕時計はファッションなのに、
  時計を売る店がバンドに
  こんなにも無頓着だったとは…

  という話です。

  このような話題が、この本には
  たくさん詰まっています。

Q.意外な盲点という感じですね。

A.はい。そういう話題を選んで
  書きました。

  買う側にも、売る側にも意外。
  でも誰も気づいてなさそう。  

  そんな経験を綴りました。

  ストレートに書きました。

  よく知られている話を解説風に
  書くなんてツマラナイので、
  事実、現実だけを風景として
  淡々と描きました。

Q.写実的?

A.ですね。

  コラムって。現実を切り出すから
  読んでいて面白いんです。

  ボブ・グリーンBob Greeneさんの
  コラムもそうなのですが、
  意味を語った瞬間、ジ・エンド。

  たとえばブランドのことを書くに
  しても「ブランドは…」としたら
  もうダメ。解説や説教になる。

  そういう愚を避けました。

Q.でもマーケティング的である?

A.そうなのです。

  マーケティングって、お客様
  目指すアクションですから、
  当事者にピンとくればOK

  「あぁ、気づかなかったなぁ」に
  なっていただければ、それで
  マーケティング的です。

  事実現実、そのままがいい。
  余分なことは要りません。

Q.掲載期間について質問します。
  2000年~04年と古いですけど。

A.はい。当時はインターネットも
  普及し始めで、スマートフォンが
  ない、ネットショッピングも先が
  見えない時代でした。

  「インターネットの効能」なんて
  掲載回もあったんですよ。
  紙の時刻表が要らないって話。
  懐かしい~。

  しかし、そんな時代遅れは不要。
  ですから、この復刻本には入れて
  いません。

  今(2020年代)から生かせる
  話題だけを厳選したので、
  古くないのです。

  連載は全部で50回ですが、
  今回載せたのは26話。

  「インターネットの効能」を含む
  24話は堂々の落選です(笑)

Q.今から生かせる話って、
  どういう意味ですか?

A.ビジネスとして未解決、
  という意味です。

  先ほどの腕時計のバンドの話題も
  そうで、腕時計ってファッション
  として未だに自由じゃない。

  バンドひとつ満足に選べない。
  高級時計なら…と思うでしょ。
  でも難しい。在庫のある既製品で
  我慢して!と諭されるのが落ち。

  けれど、だからこそ、チャンス。

  気づいて、成功の果実をつかんで
  お客様なら、それでいい。

  さて誰が動くか? 楽しみです。


  というわけで
  『売れる気配な新聞コラム』、
  よろしくお願いします。

marketing 1coin series (9)『売れる気配な新聞コラム』(矢嶋剛・著、矢嶋ストーリー刊)の紹介スライドのイラストillustrationです。背景は白。スライド左に「come back 売れる気配な新聞コラム」の文字。その右に本の表紙を飾るニューススタンドnews stand shop(屋外にある新聞販売の簡易店舗。フランスのパリParis風。)のイラスト。店員は謎のオバケちゃん? ちゃんと名前があります。「のっぺり」といいます。バーバパパBarbapapaに似ていますが、別物です。この自作キャラ、著者矢嶋剛が描きました。彼は、いたずら書きdoodleが好きなんです。 marketing 1coin series (9)『売れる気配な新聞コラム』(矢嶋剛・著、矢嶋ストーリー刊)の紹介スライドです。全体は白。その中央に「中日新聞 4年連載」と書かれた淡く青い文字が置かれます。このコラム集は、中日新聞の夕刊に2000年から2004年にかけて掲載されたアーティクルarticleの選集です。このテキストは、そのことを伝えています。 marketing 1coin series (9)『売れる気配な新聞コラム』(矢嶋剛・著、矢嶋ストーリー刊)の紹介スライドです。全体は白。その中央に「消費者行動な コラム集」と書かれた淡く青い文字が置かれます。そうです。このコラム集は、消費者行動分析 consumer behavior analysis の視点で書かれた、日本の消費の分析コラムなのです。

Q.値段はいくらですか?

A.500円(税込)です。

  電子書籍なのでタブレットや
  スマートフォンで読めます。

Q.ところで、表紙の謎の生物は?

A.ニューススタンド(屋外で新聞等を
  売る売店)の店員さんですね!

  あの子の名前は、のっぺり
  作・わたしのキャラクターです。

  最初は謎の孤島に現れましたが
       

こちらも矢嶋剛の2009年のイラストです。タイトルは「Pictorial Island」緑に覆われた小さな島には、赤い実を付けたヤシの木風が1本。そばに白い砂浜。島の中心部には小さな滝。よくみると謎の生き物が焚火をしたり、カヌーで沖に出かけたり。。あっ、山頂には「ニュース・スタンド」の売り子「のっぺり」が…。なんて色々書きこんだイラストになりました。キャリア・サイト「矢嶋剛のJob Graphics」に復刻版を特別収載しました。

  今回は『売れる…』のお手伝い。
  ニューススタンドでアルバイトを
  してもらってます。

Q.どこで買えますか?

A.amazonさん、AppleBooksさんで
  お買い求めいただけます。
  以下がリンクになります。

 amazon Kindle  (ギフトok)

 Apple Books   (ギフトok)

  文庫本と同じレイアウトなので、
  とても読みやすい本なのです。
              (終)

矢嶋ストーリー作品『売れる気配な新聞コラム』の中扉の画像です。文庫本スタイルな縦長のデザイン。、marketing 1coin seriesを冠とした枠線に囲まれた中にテキストと画像が置かれています。上から、タイトル、サブタイトル、その下にこの文庫本シリーズに添えられる鯛焼きのイラスト。そしてその下にこの本の出版者である矢嶋ストーリーの文字が置かれています。以上は、矢嶋剛による装丁です。
 

ということで
コラム、楽しみください。

皆さまのご商売、ビジネスが
売れる気配で
いっぱいになりますように!