お客様のほうが豊かな時代

売る側より。企業以上に。

たとえば、
Instagram のお弁当の写真。
ハイセンスなコーデ。

この現実を受け容れましょう。

"職業上のプロ"の上を行く素人、
たくさんいらっしゃいます。

買い物もプロ。
彼らは職場情報を活用し、
ネットで調べ、百均を駆使し、
密かに学び続けます。

その実力。象徴は
ターシャ・テューダーさんの庭。

あの庭(ネットで検索して)
育む実力。

そのターシャさん(たち)が
ホームセンターの園芸売場へ。

しかも皆さん、能ある鷹。
(=爪を隠す、素人を装う)

今は、そういう時代です。

一方的は もう無理

ところが、いまだに…
企業のみなさん、

テレビ、ラジオ、新聞、雑誌。
マス・メディアの力を借りて、
一方的に、宣伝・広報。

「行列ができる」
「セレブご用達」
「マツコの知らない世界で
 紹介されました」

でお客様を押し切ろうとします。


マス・メディアの主流がネットに
替わっても同じ。

宣伝ばかりの企業アカウント。
「これ買え~」「これ買え~」

フォローするのは、同業者のみ。
「目立てばOK」なSEO。

一方的で、閉じた、無人感。

とても不自然。

そろそろ 変えましょう

もう、売る側の都合で
勝手な認識(=物事のとらえかた)
一方的に押し付けることは無理。

ですから…

お客様とのコミュニケーションを
シフト・チェンジしましょう。

原則はシンプル。
 
 企業の認識を伝える
 お客様の認識を受け容れる

 (≒お客様から教えていただける)

そして、お互いの認識を
交歓(=楽しく交換)すれば…。

詳しくは、
本書『認識の交歓というアレ』で。

     
marketing 1coin series(7)『認識の交歓というアレ:これからのコミュニケーション論』(矢嶋ストーリー発行、矢嶋剛・著)の表紙です。背景は白。中央上部に本のタイトル、その下に著者のイラストが描かれています。図柄は、向かい合うピンクのメガフォン2つ。2つのメガホンは会話をイメージしています。会話こそ本書のテーマである認識の交歓を象徴するからです。イラストと装丁は著者の矢嶋剛がデザインしました。

概論 付いています

コミュニケーションの概論です。
 (概論:おおまかな解説。学問的)

世のコミュニケーション論って、
(例 〇〇コミュニケーション論)
タイトルは大威張りでも
根本を曖昧にする場合が多く、
誤解が誤解を生み易いのです。

そんなフラフラした認識では、
今の固定観念「一方的でいいよね」
を変えることは難しいと思います。

そこで、省略され、忘れられた
コミュニケーションの原理を
説明することにしました。


言語学からあるとき、おもしろい指摘がなされました。言語学者のフェルディナン・ド・ソシュールFerdinand de Saussureさんは言うのです。あのさ、今まで翻訳ばかりに集中し辞書ばかり作っていたから気づかなかったと思うんだけどさ、言葉と意味のセット、たとえば、「🍎=林檎」のセットって絶対じゃないんだよね。

 ※本書7ページ 「とりあえず、
  コミュニケーション論の地図」より



コミュケーション理解に欠かせない
「認識」も、わかりやすく解説。

認識って、物事のとらえかた(既述)。彼はハンサム。これが認識。ライオンは百獣の王。これも認識。ほうれん草は身体にいい。そして、あの店のチャーハンはイマイチ。これらも認識です。

 ※本書19ページ
  「そろり、認識の話から」より




コミュニケーションの原点や
原理をしっかりと踏まえて

これからの
お客様とのリレーションシップ、
関係づくりをご再考ください。

そんな一冊 こちらから

amazon kindle 
Apple Books  

   

お客様も 望んでいます