『観察調査のすすめ』の
作品ページへ ようこそ
お越しくださいました。

矢嶋ストーリー作品、marketing 1coin series『観察調査のすすめ-12篇のアウトプット添え-』の表紙(カバー)です。文庫本スタイルの縦長の表紙です。背景は白色。中央部に人のシルエット。注意深く眺めると、そのシルエットは舗装された道路なのです。これは「よく観察してね」という著者からのいたずらメッセージ。そのシルエットの上に作品タイトル、著者名(矢嶋剛)が渋めの銀色のゴシック調の文字で置かれています。以上は、作者の矢嶋剛による装丁です。

この本は、社会調査の1手法である
観察調査 observation survey or
     observation methods の
ガイドブックです。

観察調査は人々の本音を知るのに
有効な調査方法です。それでいて
簡単。自分で近くで…なら費用は
ほぼゼロ。

観察する人々をお客様にすれば、
消費者調査や顧客調査に早変わり。
マーケティング(:お客様
大いに役立ちます。

ですから
気軽に使ってほしい。

そんな想いから
このガイドブックは生まれました。

では、その中身は?

〔よくいただく質問〕風に
ご案内します。

Q.もっと具体的に説明して!
  観察調査とは?

A.ご質問ありがとうございます。

  観察調査でおこなうことは…
  眺めるだけ。
  文字通り、観察です。

  人々を観察します。
  誰が、どこで、どんな事を
  しているのか?

  ただただじっと眺めます。
  そして、気持ちを想像します。

  嬉しいのか。悲しいのか。
  楽しいのか。ツライのか。

  そうやって人々を理解します。

Q.実際の調べ方は?

A.例を挙げましょう。

  「カフェって、どんな場所?」を
  観察調査するなら…

  気になる店へ行って
  お客様になって他の席の様子を
  ぼ~っと眺めます。

  眺めて、どんな人がいるかを
  確かめます。

  すると…、
  自分の想像と違う人が
  いるはずです。

  まずは
  その事実に驚いてください。

  次に彼らの様子に注意を払って
  ください。性別は? 年齢は?
  人数は? 何をしている?等
  つぶさにつかんでください。

  そしてコーヒーを飲んでいる人が
  ほとんどいない!に気づいたと
  しましょう。

  もしかすると…
  多くの人々にとってカフェは
  コーヒーを飲む場所ではない?

  のかもしれません。

  さてさて、この調査結果を
  どう生かしましょうか?

  観察調査って、こんな感じで
  おこなわれます。

Q.百聞は一見に如かず!

A.そうなんです。

  よく聞く話と現実のギャップ。

  ネット社会ゆえに広がる誤解を
  観察調査は正してくれます。

  現場を見ず、データや報告で
  現実を理解したことにする…。
  そんな悪い習慣を
  観察調査で断ち切ってください。

Q.でも忙しくて…

A.わかります。
  ですから日頃から少しずつ。
  そんな観察習慣をお薦めします。

  「調査!」なんて構えずに
  隙間時間を、偶然のチャンスを、
  観察調査の機会にしてください。

Q.自分で調査をするのですか?

A.はい。

  コツさえつかめば
  誰でもできます。

  ですから、ご自身で。

  この本は、そのために書かれた
  ガイドブックなのです。

Q.ガイドブック?

A.はい、ガイドブックです。

  読まれた方が観察調査ができる
  ように、心配りをしています。

  工夫の一つが
  作者の観察事例の掲載です。
  いきなり冒頭に置いてみました。

  この本を読んで
  観察調査に初めてトライ!
  という方が多いでしょうから
  まず成果を知っていただこう。

  そう考えたのです。

Q.実際に観察した話を?

A.はい。
  こういう場所で、こんな人を、
  こんな風に観察したら…

  そんな観察の成果を
  エピソード風にまとめました。

  お読みいただき
  「あぁ、こういう感じ」を
  つかんでください。

Q.どんな事例が
  載っているのですか?

A.いろんなシチュエーションで
  みなさんが調査できるように
  以下の12事例を載せました。

  ・「大江はさぁ~」なBARトーク
  ・「違うんだよ」おじさん
  ・すき間スペース・ランチ女子
  ・週末スーパー、ふむふむパパ
  ・土曜の朝、チェーン系カフェ
  ・オール・バラッド・カラオ~ケ
  ・永遠の映画ボーイズ
  ・腹リュック・ディフェンス
  ・東京の寄席と地方からの観客
  ・立ち食い蕎麦屋システムズ
  ・家の前を掃く人
  ・河川敷の親子関係

  楽しそうでしょ。
  たとえば、永遠の映画ボーイズは
  映画館での観察調査の成果です。
  ボーイズ、誰だが分かりますか?
  彼らはとても愛おしい!

  そのページ をご覧ください。

矢嶋剛(やじ)の本『観察調査のすすめ-12篇のアウトプット添え-』の18ページが写っています。内容は以下の通りです。永遠の映画ボーイズ。今一番映画を観る人は、お爺さんです。映画館に行くと一目瞭然。東京の話で恐縮ですが、機会があれば池袋の新文芸坐や飯田橋のギンレイホールを体験ください。昭和のアクション・任侠系を二本立てで放ち続ける新文芸坐には気合いの入った表情のお爺さんが集結します。高倉健の上映週は開場を楽しみ待つお爺さんたちが「うかうかしてると座れねぇぞ」な空気を放ちながら列をなしていました。ギンレイホールは名画系の二本立て。フランス映画っぽい作品が上映されます。こちらも開場前はお爺さんたちの行列。無言で静かに。『レ・ミゼラブル』のジャン・ヴァルジャンの如く。気合いの乗りでは新文芸坐に負けず劣らず。館内での鑑賞態度も映画ファンの王道を地で行く感じです。二本立ての両館です。続けて観ると(注:ほとんどの人がそうします)、上映時間は三時間を超します。しかし途中トイレに立つ人はいません。頻尿に悩む年頃ですが鑑賞を妨げない水分コントロールは完璧です。バックの中のペットボトルをちびちび飲みます。空腹対策もばっちり。バックの中にはラップで包んだおにぎりやサンドウィッチが用意してあるのです。ですから正午を迎えると館内は突然のお弁当タイム。あちらこ(いか、打ち切り)。

  こうした具体例が
  観察調査のイメージを
  育んでくれると思います。

Q.事例の後ろに
  「観察調査のすすめ」という
  パートがありますが、これは?

A.ご自身で実践されるときの
  ガイドになっています。

  実施時の手順や注意事項が
  わかりやすく書かれています。

  本書33ページの
  「お試し時の注意事項」には
        

矢嶋剛(やじ)の本の『観察調査のすすめ-12篇のアウトプット添え-』の33ページが写っています。内容は以下の通りです。お試し時の注意事項。ではやってみましょう。冒頭の「あまりに観察的な(前説)」に書いた通り、観察調査は簡単にできます。調査方法は変幻自在。調査結果のまとめ方にも定式はありません。ですが内容を次の三パートに分けて書くと伝わりやすくなります。パート① 誰に注目したの?(:調査対象)。パート② 何を観たの?(:観察内容)。パート③ それは社会の何を表してる?(:解釈)。ご紹介したアウトプットも、この①~③を抑えています。ただし強弱を変えながら。そこを意識して再読いただくと、お好みのまとめ方が見つかるかもしれません。「何を観たの?」が文字だけで伝わらない場合は、写真や動画を使ってください。「パリの街を行く女性はみんなシック」なんて観察内容を伝えるには言葉より動画がベター。ファッション、とくに着こなしはいくら詳述しても伝わりませんから。 とはいえ言葉も重要です。言葉は観察内容の特徴を強調する役割を担っています。今あげた「パリの街を行く…」の内容は、「シック」という言葉のもつイメージに引きづられ支配されています。試しに「シック」を「おしゃれ」に置き換えてみま(以下、打ち切り)。

  もし調査報告書をまとめるなら…
  についてのアドバイスを収載。

  ご活用ください。

Q.社会調査の教科書とは
  違うのですか?

A.良い意味で違います。

  教科書は方法の記述に一生懸命。
  この本は「何が得られる?」に
  一生懸命。

  そこが決定的な差です。

Q.マーケティング的には、
  どんな成果が期待できますか?

A.人々の気持ちや行動を
  直(じか)に感じられます。
   「ほんとうは、こうしたいんだなぁ」
   「すごく幸せそうだなぁ」が解かる!

  これはかなりの成果。

  というもの、
  お客様の本音って
  ひどく見えにくいから。

  お客様(=マーケティング)
  努力するみなさんには、
  この壁、乗り越えて
  いただきたいのです。

  経営にも、もちろんプラス。

  お客様から見放される兆しに
  気づけず、事業を危うくする愚を
  マーケティング・マイオピア
  (myopia 近視眼)といいます。

  このマイオピア防止に
  観察調査は役立ちます。

  

Q.大学の先生が「観察調査は
  用いるべきではない」と
  言うのですが…

A.そう考える先生もいます。
  一方で、認める先生もいます。
  要は先生方の好き嫌いであり、
  観察調査の価値は揺らぎません。
  (好き嫌いの理由を書くと長くなるので
   割愛します。詳細は作者のブログ
   お読みください)

  一を知って十を知る。
  神は細部に宿る。
  敵を知れば百戦危うからず。
  備えあれば憂いなし。

  ですから
  一度、お試しください。

  Apple Books amazon
  お買い求めいただけます。
  以下がリンクになります。

 Apple Books  

 amazon Kindle 

  文庫本スタイル(縦書き。
  行の伸び縮み無し)ですから、
  とても読みやすいのです。
           (終)

矢嶋剛(やじ)の本『観察調査のすすめ-12篇のアウトプット添え-』の扉(表紙の次に現れる最初のページ)です。全体が文庫本スタイルの縦長デザイン。上部中央に「marketing 1coin series」の文字。マーケティングの本を500円でお届けするシリーズという意味です。その文字を冠とした四角の枠線があり、その中の上部中央に先ほどの題名。その下に著者名。その下に鯛焼きのイラスト。このたい焼きは、この文庫本シリーズのシンボルです。そしてその下に、この本の出版者である矢嶋ストーリーの文字があります。このページデザインもtaiyakiも著者自身の装丁です。