『マーケティングは正直バナナ』の
作品ページへ ようこそ
お越しくださいました。

矢嶋剛(やじ)の本『『マーケティングは正直バナナ』第3版(marketing 1coin series、矢嶋ストーリー刊)の表紙です。表紙全体の色は白ですが、下の3分の1は書店で見る赤い帯book bandが描かれているので、白と赤のコントラストが映えるデザインになっています。赤青白のトリコロールを印象として感じる人もいるかもしれません。その白い部分にはシンプルなバナナのイラスト(illustration of banana)と手描き風の文字で本のタイトル(トリコロール風)と著者の名前「作・矢嶋剛」が描いてあります。そして、帯には白い文字で「マーケティングで一番大切なことは『オッイイネ!』なんです」と書かれています。以上の装丁(本のデザイン)はイラストも含めて矢嶋剛がおこないました。

今から、この本
『マーケティングは正直バナナ』
(以下、『バナナ』と略しますね)
ご案内をさせていただきます。

『バナナ』は、
マーケティング(お客様を目指すぞ)
を、とてもやさしく、わかりやすく
描いた本です。


ふだんの言葉。
たくさんのイラスト。
レストランのストーリーもあって。

絵本のようなんですよ。

それでいて…
マーケティングって何?
その全体像は? が理解できます。

ページをめくると、こんな世界が
広がります。

なんか楽しそうでしょ!

では、もう少し
中身の話。

FAQ、フェイク、
〔よくいただく質問〕風に
ご案内しますね。

Q.『バナナ』、最大の特長は?

A.特長はズバリ!

  マーケティングが
  よくわかります。

  たとえば、マーケティングで
  いちばん大切なことは…

なんだかウキウキ。ちょっよ嬉しい。満足、満ち足りた気分を伝えてくれるスマイル(笑顔)のイラスト smile illustration。線の色は落ち着いたブルー。顔はちょっと斜めを向いていて、左右の目の線が違うのが特徴。スマイルの下に「オッイイネ!」の文字が添えられています。このイラストの作者は矢嶋剛(やじ)。彼の本『マーケティングは正直バナナ』(marketing 1coin series、矢嶋ストーリー)の7ページから引用しました。無断転載掲載は禁止。

  と解説しています。


  ねっ!
  なんか、もう、
  わかっちゃった!

  になっちゃいますよね。

  全ページが、こんな感じです。

    わかりやすくて
    いいじゃない!

  な本です!

Q.なぜ わかりやすく?

A.マーケティングは、お客様
  知恵なのでシンプルなんです。

  ですからシンプルに!

  へんに難しく語って、書いて…
  ???って、変だと思うんです。

  なので、そういう所、
  全部、捨てちゃいました。

  反対に
  具体例を加えました。

  読んだ人が「〇〇したい」と
  思えなきゃダメですから!

Q.それで、話の真ん中に
  レストランのストーリーを?

A.そうなんです。
  置いちゃいました(笑)

  頑張るレストラン、
  ラ・カラバシェの物語です。

  スーザンが、
  レイダが、ドミニクが…
  大活躍! 

      他にも多数登場!

  彼らを通じて
  マーケティングを
  感じてください。

Q.どんな人に読んでほしい?

A.店員さん、スタッフさん、
  職人さん、工員さん、
  物流を支える皆さん、
  農家さん、漁師さん、

  ビジネス・パーソン、
  行政機関で働く方、
   (市役所のお客様は市民です)
  教育にたずさわる方、

  仕事を面白くしたい方、
  職場や会社を変えたい方、

  これから仕事を始める方、
  起業される方、…

  お客様を目指す
  すべての人に読んでほしいです。

Q.難しくないですか?

A.大丈夫です。

  専門用語を知らなくてもOK!
  専門知識も不要です。

  細かいアレコレは本書専属ガイド
  こじゃる (温泉好き)
  丁寧に説明します。

バナナのイラストです(illustration of banana)。1房のバナナです。その房の付け根に小さな猿のような動物がちょこんと乗っています。この子の名前はこじゃるKjaruです。矢嶋剛(やじ)の本『マーケティングは正直バナナ』( marketing 1coin series、矢嶋ストーリー発行)の作中でガイドをしています。ページに現れて、読者のみなさんにいろいろと説明をするのです。ですからこじゃるのイラストの上に「ガイドのこじゃる」の文字が置かれています。このイラストの無断転載掲載は禁止です。

  カフェでスマホを出して
  (電子書籍だからスマホOK!)

  ちょっと読んで
  クスッとなって…

  そんな読み方を
  してください。

Q.あの…言いにくいんですけど、
  タイトルとか、絵本とか、
  フザケているようにも…

A.それは誤解です。

  ちょっと考えてください。

  お客様にチャレンジする
  人たちは誰ですか?

  そうです。
  アルバイトの方を含む
  スタッフ全員です。

  ですから『バナナ』は、
  誰でも→な→絵本のよう に
  なりました。そして、

  親しみやすい言葉や
  表現をたくさん使いました。
  けれど…

Q.けれど?

A.プロフェッショナル・モード
  なんです。

  あまりにわかりやすく、
  楽しいイラストいっぱいなので、

  油断したビジネス・パーソンは

  基本だろ
  とっくに卒業

  と、あなどりますが、
  それ、間違ってます。

  マーケティングと称して、
  マーケティングを嫌がる会社
  下りを読んでみてください。

  ラストメッセージ「正直バナナ」、
  あなたは、あなたの会社は
  できていますか?

  意外と、みなさん、…
  そんな仕上がりです。
           (終)

Apple Books、amazon
お求めいただけます。

Apple Books 

amazon