ようこそ

『正直バナナ』のページへ。

ゼロからのスタート。
なのに読み終わる頃は
「マーケティングって!」に。

不思議な1冊
『マーケティングは正直バナナ』を
ご案内します。

あらすじ(話の流れ)

目次を、お示しします。

著者・矢嶋剛(やじまたけし)の電子書籍『マーケティングは正直バナナ』 marketing 1coin series(1)の目次ページです。横書き。本のタイトルの下に「目次です」と断り書き。その下に目次。以下、その内容を上から。まず基本! 核心をズバッとつかみます。(改行)(1)一番大切なこと(改行)(2)魅力のワゴン(改行)次はストーリー。全体像をイメージします。(改行)(3)南の国のレストランで(改行)(4)力を合わせて(改行)(5)くるくる回ると(改行)ラストは、組織と経営の話(改行)(6)険しいけれど(改行)(7)マーケティングは正直バナナ。以上です。

こんな流れで、解説は進みます。

まず最初に、マーケティングを
イメージ豊かに描きます。
(まず基本!…のところ)

マーケティングで一番大切なこと
そして魅力のワゴン を
理解しましょう。

次は全体像。
頑張るレストランのストーリーから
マーケティングの構図を。
(くるくる回る…って?)

ラストは組織と経営の話。

マーケティングを避ける企業と
チャレンジする企業の違い。
それぞれの風景を描きました。

最後(7)に、正直バナナが。
どんなメッセージなのか?
お楽しみに。

絵本のように

『正直バナナ』は、絵本のような
マーケティングの解説書です。

専門知識、予備知識、要りません。

読めば誰でも
「マーケティングって!」に
なります。

イラストいっぱい。例いっぱい。
ふだんの言葉で。

体感してください。

内容の水準

実際の競争に役立つように。
ですから、解説書ですけど
プロ仕様です。

ラストメッセージ「正直バナナ」を
できている企業、どれだけ?

それ以前に、
マーケティングを避ける企業も
たくさん存在します。
(嘘、脅し、ステマなど)

 総務の人はマーケティングを
 しています


こういう仕事観・ビジネス観に
ピンと来るようになってください。

ここだけのスペシャル

・最初は紙の本でした

バナナ誕生物語

・本書に登場する
 魅力のワゴンや水車 は
 著者のオリジナルな概念です

・abc...とカタカナに塗(まみ)れ
 専門家や高学歴の独占物に化けた
 マーケティングを
 みなさんにお返ししたいのです

さぁ shop へ